2009年5月2日土曜日

結果発表・ジェイソンVSフレディー   

『ジェイソンVSフレディー・春の陣 2009』



数々の殺戮を繰り返し我が家にきたジェイソン(32cm~)

そして迎え撃つは圧倒的なデカさとパワーを持つフレディー(39cm~)   

それでは対決の勝者を発表いたしますっ!!












勝者っ!!!!!  













ジェイソンっ!!32cm.....( ̄ロ ̄;おぉ~~~~~!!

画像クリックで拡大して見れます。



巧みにフレディーの攻撃をかわしながら

カウンターアタックを入れる姿はまさにボクサー!

序盤戦は押され気味で逃げてばっかりでしたがフレディーの

プレッシャーが鈍った3時間後くらいから反撃行動を

開始しだしました!






環境が暗くて分かりにくいですがヒレや鱗が所々飛んでおります......

目の後ろはカッターで切ったような深い傷が3cmほど入ってます。






続いて敗者のフレディー(39cm~)・・・









痛々しい傷が目立ちます.....








右側面です......

後方三鰭すべて食いちぎられてます......

食いちぎられる際にはブチっ!っていう鈍い音が

してました・・・








左側面はまだマシですね.....

傷から見れば一方的にやられてるよ~ですが

終始フレディーが追い掛け回しプレッシャーをかけてました。

ただその巨体ゆえに攻撃に入るモーションでおおきすぎて

ジェイソンにかわされるのです........

攻撃をかわしたジェイソンは後方に廻り込む際に攻撃をいれるパターン・・・。

すべてカウンターでいれた傷です!ケンカ上手すぎます( ̄^ ̄;

それにジェイソンは下顎が出ていて牙向き出しの顔つきなので

当たっただけで相手に傷を負わすことが可能なのも勝因かもしれません。


一方ボロボロになりながらも何度も何度も攻撃を諦めないフレディー......

この子は追い詰めてから噛み付くまで一呼吸おく癖があります・・・

その詰めの甘さがジェイソンに逃げやすい体勢を与えてるよーです。

それに加えて今まで混泳をしたことがないのが1番のネックでしょうか・・・

実は39cmになるまでずぅ~っと単独飼育なのです。

一方ジェイソンは幼魚から混泳で育ってきました。


テリトリー意識が高いのは間違いなくフレディーでしょう......

フレディーが追いかけさえしなければジェイソンから仕掛けることは

なさそうな感じがします。時間が経てばまた状況が変わるかもしれませんが....。


ピラニアの場合、優劣がつけば強い方が一方的に攻撃し弱いほうは

怯えて終始やられっぱなしと思ってましが・・・この2匹の展開は違ってました。

見ていて大変参考になる戦いでした......







戦いは明け方の6時過ぎに私の判断でストップしました・・・

眠くなってきたもので(* ̄m ̄;ぎょほほ......

対戦時間は7時間ちょっとになります。

ホっとしているのはフレディーではなくジェイソンのようです。

ジェイソンの方から仕掛けたことは1度もなかったからねぇ・・・

一方セパで仕切ってもフレディーの怒りは収まってないのか

体当たりを繰り返しております.....本人は負けを認めてないよーです。

こんな姿になってもまだ諦ないこの根性は凄いと感動しました。

ケンカの下手さには呆れましたが・・・(* ̄m ̄;はぁ~っ......





これにて『 ジェイソン VS フレディー・春の陣 2009 』は終了っ!!






次回・・・『夏の陣』をお楽しみに~

って・・・またやるかんかい!?(* ̄m ̄;はい♪

できれば仲良くして欲しいのが本音なんですけろね・・・。




ポチっとお願い致します( ̄∇ ̄〃)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 牙魚へ
にほんブログ村