2011年11月13日日曜日

アルゼンチンの貯水池で3つ目の牙魚(タライーラ)が釣り上げられる

アルゼンチンの中部、コルドバ州の貯水池で3つの目を持った魚が釣り上げられたとして話題となっている。

この魚は南米に生息するカラシンの仲間で、成長すると体長50センチほどになる、タライーラ(タイガー・ホーリーとも言う。学名:Hoplias malabaricus)と呼ばれる牙をもつ肉食魚。






釣り上げたのはこのあたりでいつも釣りをしているジュリアン・ズマット氏で、夜釣りだった為、最初その目に気がつかなかったという。懐中電灯で照らしたところ目が3つあったとしてびっくりしたそうだ。









長年釣りをしているがこのような魚に出くわすのは初めてだというズマット氏。アメリカの人気アニメ「ザ・シンプソンズ」にでてくる三つ目の魚「ブリンキー」は、核に汚染された水によって突然変異した魚という設定で描かれているが、釣り上げた貯水池の近くには原子力発電所がありそこで使われた温水はこの池に放流されていることから、シチュエーションが似ているとして、そっちの方でも人々の関心を引いているという。



記事参照元:Discovery News(Karapaia)

Bart's Blinky? Three-eyed Fish Raises Nuke Fears : Discovery News



『へぇ~.....』では済まされない記事に思う・・・ワシだけか?







ポチっとお願いします....
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村