2012年1月13日金曜日

訃報....ピラヤ・ラオウ逝く




PIRAYA…..raou  42cm 





治療の甲斐なく死亡しました






アゴ下に負った傷からカラムナリス病原菌(Cytophaga columnaris


に侵され喉、鰓蓋、腹、背中と増殖してゆき最後には

鰓内部まで入り込み呼吸困難にて死亡したと思われます


侵された部位は粘膜の分泌が異常に激しく鬱血や出血していました

治療にはグリーンFゴールド顆粒を規定量と0.5~1%塩浴


を続けておりましたが薬と塩を入れてる時は増殖はしないものの


回復もしない、薬を抜くと増殖再開….規定量より多めに入れても


回復はせずに増殖を止めるのが精一杯な感じでした…..


カラムナリスは塩浴程度で死滅する弱いやつから治療が困難な


強力な菌もいるみたいです。違った方法で治療したら治ってたかも


しれませんが今の私の知識ではどうしようもありませんでした。


そもそもカラムナリス菌は水中や腸内にいつも生息している条件性病原菌です


なので飼育水の悪化や餌の過剰投与による内臓悪化などで個体の抵抗力を


落とさなければ傷を負ったとしても感染・発病しません。



以上のことから言えるのは・・・







ラオウを殺したのは私である!号泣....




 

PIRAYAraou…..


2011年7月 39cmにて購入
 

2012年1月 42cm 死亡





 にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村